ブログ

プロパンガスが臭いのはなぜ?

なぜプロパンガスは臭いのでしょうか?

プロパンガスは元々は無臭ですが、ガス漏れを感知できるように人工的に臭いをつけています。
日本は法律で着臭剤と言う薬剤を使って臭いをつける様に義務づけています。
そのため、玉ねぎが腐ったような臭いがします。
独特の悪臭ですが、人体に無害で燃焼を妨げることはありません。

ただし、臭いがした場合は念のためにガスの検査を当社へ連絡お願いします!