ブログ

Siセンサーコンロって何?

最近のガスコンロはSiセンサーコンロと呼ばれ、

すべてのバーナーに「Siセンサー」が搭載されて

います。Siセンサーとは、温度センサーのことで

鍋底の温度を感知することで、天ぷら火災を防ぎ、

お鍋の焦げ付きなどを抑えます。

法制化により、2008年10月以降家庭用のガスコンロは全口センサー搭載が義務化され、「調理油過熱防止装置」「立ち消え安全装置」を標準でつけることになりました。

 

では、Siセンサーによる主な安全機能を紹介します!

1、調理油加熱防止装置

約250℃になると自動消火します。

 

2、立ち消え安全装置

煮こぼれや風などで万が一火が消えてしまった時は、自動でガスも止まります。

 

3、コンロ消し忘れ消火機能

火を消し忘れても約2時間で自動消火します。

 

4、焦げつき消火機能

お鍋の焦げつきを初期段階で検知し自動消火し、焦げを抑えます。

 

これらの安全機能により自動で火が弱火になったり消火したりしますが、お客様を事故から守る機能なので安心してください!

 

また、炒め物など高温で調理したいときは「高温モード」「高温炒め」などのセンサー解除スイッチを3秒間押すと一時的に解除することができます。

※センサーを解除してもある温度以上に達すると安全のため自動消火します。

 

今回はコンロのSiセンサーについてご紹介しました。弊社でも様々なコンロを取り扱っておりますのでご不明な点やお見積りなどお気軽にお問い合わせください!