ブログ

D-パックの特長と取扱い

暑かった毎日も少しずつ季節が変わっていって、過ごしやすい日々が増えてきました。

今回は知っているようで知らないD-パックについてご紹介したいと思います。

 

D-パックとは『富士の湧水』独自開発の使いきり容器です

この容器にも安心・安全へのこだわりが生きています。

                                

■D-パックの特長                         

1.使いきりだから衛生的

「D-パック」は、ワンウェイの使いきり容器。毎回、新品の品質の衛生的な容器で、おいしい天然水をお届けしす。

2.空気に触れにくい構造

容器の中に空気が入りにくく、中の水が少なくなると「D-パック」自体が縮んでいく構造なので、空気との接触が極めて少なく天然水の鮮度を保ちます。

3.持ち運びや交換がラク

『富士の湧水D-パック』は、12Lと8Lの2タイプ。どちらも持ち運びやすい大きさ、重さ。

特に8Lタイプは女性や高齢の方でもラクに交換できます。

4.簡単につぶしてゴミ箱へ

D-パックには、簡単につぶせるようミシン目が入っています。
飲みきった後の箱はコンパクトにつぶすことができ、中の袋も箱から取り出して捨てるだけです。

■D-パックの取り扱い

1.賞味期限について

賞味期限は、D-パックに印字してあります。

開封後は、なるべくお早めにお飲みください。

 

2.D-パックの保管について

保管にあたっては、直射日光を避け、室内で温度変化の少ない清潔な場所に保管してください。

次のような場所での保管は絶対にしないでください。

  • 屋外、ベランダなど直射日光が当たる場所
  • 日当たりの良い場所
  • ほこりっぽい場所
  • 高温になる場所
  • 湿気の多い場所
  • 水に濡れるおそれのある場所
  • 臭いの強い物がある場所
  • 不衛生な場所

3.空になったD-パックの処理

空になったD-パックは、箱と袋に分けてください。

箱は資源ごみして、中の袋は不燃ごみとして処分してください。

※ごみの分別につきましては、お住いの地域に従った方法で、処理をしてください。

 

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。